子宮腺筋症と漢方薬

子宮腺筋症をすでに患っておられる方は、西洋医学だけではなく、東洋医学で何とか症状を改善する方法はないのかと思われる方もいらっしゃるようです。さて、東洋医学といえば漢方薬ですが、漢方医学の中で子宮腺筋症は、強い血行の停滞として発症する病気とされているようです。

 

人工妊娠中絶などを行うと、胞脈が損傷してしまって腎気が衰えるとされているそうで、その腎気の衰えが病気を引き起こしているということになります。また腎気は生殖機能に関係も関連しているそうですから、不妊の原因などにもなるわけですね。

 

腎気が健康であれば、生理の血液もスムーズに流れるわけですが、腎気が衰えてしまうと生理の血も流れず、停滞してしまうために、子宮腺筋症が発症してしまうそうです。

そして子宮腺筋症の子宮の場合は、血が停滞しているために新鮮な血が子宮まで届きにくいということで、受精卵が育ちにくい環境になってしまうため、妊娠を希望しているのになかなかできないなど、不妊の原因となってしまうそうです。 そして、これから赤ちゃんを望まれている方で子宮腺筋症を患っている場合には、不妊症を改善する漢方薬が有効だそうですよ!漢方薬を治療に取り入れることで、衰えてしまった腎気を改善し、胞脈の血行を促進することで腰のだるさなどといった症状がよくなり、生理の血もスムーズに流れるようになるそうです。生理の血がスムーズに流れるようになれば、生理痛も軽くなりますし、妊娠の確率も上がるそうですよ。

子宮腺筋症と漢方薬関連ページ

子宮腺筋症とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の治療法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。