子宮腺筋症の治療法

「私も子宮腺筋症なのではないか?」と不安に思われた方の場合、知っておきたいことの一つが子宮腺筋症の治療の方法ではないでしょうか?子宮腺筋症の治療の場合は、まず婦人科で子宮腺筋症の診断をしてもらいましょう。もちろん、今自分が経験している症状を医療機関で受診した際に訴えるほか、内診、超音波検査、MRIといった画像診断、腫瘍マーカーと呼ばれるCA125の値や、子宮鏡検査なども有効だそうです。

 

子宮腺筋症と確定するには、本当は切除した部分の病理組織診断をしたほうが確実のようですが、病理組織診断以外ではMRIが一番良いとされているようです。子宮内膜症、子宮腺筋症はともに月経痛を引き起こし、子宮も肥大する病気のため、子宮を残しておく手術をする場合にはMRIで確実な診断をくだすことが大切だそうですよ。 また、子宮腺筋症の場合、子宮のサイズが肥大しておらず、痛みがないといった症状のときには薬は使わないで経過観察となるようです。子宮が大きくなってきて、症状が強く出始めた場合には、ホルモン療法を行い、それで効果がなければ手術となるようですね。

子宮腺筋症はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの効果で症状が進んでしまうため、エストロゲンの分泌を抑えるために、ホルモン療法を行いながら様子を見ます。こうやって一時的に子宮の壁に入り込んでいる病巣を小さくして、強い月経痛や月経過多といった耐えがたい症状を緩和していく治療法を行うそうです。 ただし、子宮腺筋症の治療としては、進行を抑える方法はなく、たとえば将来的に妊娠したいからと、子宮が大きくならないように予防のための薬などはないそうです。

子宮腺筋症の治療法関連ページ

子宮腺筋症とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症と漢方薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。