子宮腺筋症の症状

自分は婦人科系の病気じゃないのか、という症状で悩んでいらっしゃる方が気になるのが、子宮腺筋症の症状ではないでしょうか?子宮腺筋症の典型的な症状は、ひどい月経痛と月経過多といって月経の血の量が多いことです。

 

症状がまだ初期段階の場合には、生理中だけの痛みで済みますが、症状が進むと生理前から生理後まで、長い期間痛みに耐える生活になってしまうようです。ちなみに、ひどい月経痛といえば子宮内膜症を想像されそうですが、実際のところは子宮腺筋症の痛みの方が子宮内膜症より強く、時とともに激しくなっていくようです。

 

子宮腺筋症の場合は、通常で鶏の卵くらいの大きさの子宮が、大人の握りこぶしより大きいくらいの大きさになるようです。生理時の出血が酷いことに合わせて、生理期間が終わった後でも子宮の収縮が悪くて出血したりするので、貧血といった症状も引き起こしてしまうそうですよ。子宮腺筋症は、放っておくと月経の際に月経痛や貧血のため日常生活に支障をきたすようになったり、不妊症の原因にもなりますので放っておかないことが大切です。

子宮内膜症の平均発症年齢は20から35歳くらいといわれていますが、子宮腺筋症はそれよりもちょっと上の35〜50歳が平均的発症年齢といわれているようです。また、以前よりも子宮関連の病気を発症する年齢が早くなってきているようで、20代前半でも子宮腺筋症や子宮筋腫・子宮ガンになる人が増加しているようです。 ちょっとでも普段と生理の様子がおかしかったり、痛みがひどかったりした場合は、薬などを飲んでやり過ごすのではなく積極的に産婦人科などに受信してみることが、健康への第一歩と言えるでしょう。

子宮腺筋症の症状関連ページ

子宮腺筋症とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の治療法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症と漢方薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。