子宮腺筋症とは

女性の方に知っておいてもらいたい病気の一つが、子宮腺筋肉症です。簡単にいえば、子宮腺筋症とは、子宮膣内にある正常な子宮の内膜が、なぜか子宮の壁の層の中へと潜り込んで行ってしまう病気なのです。

 

子宮の壁に潜り込んでしまったものが育ち、月経時に子宮内膜が血と一緒にはがれおちるときに、子宮の筋層に潜ってしまっている子宮内膜からも出血が起こるため、その出血が起こったところが瘢痕という硬い組織になり、子宮の壁が硬く肥大してしまうようですね。ひどくすると、おへその上あたりまでもが盛り上がり、中で内臓を圧迫してしまうそうです。また子宮腺筋症になると、生理中に子宮の壁の中で出血が起こるため、子宮の筋肉がひきのばされてしまったような状態になり、その結果として非常に強い月経痛を発生させてしまうわけです。

ちなみに年齢的には、30代後半の女性で、しかも分娩や流産などを経験した女性に多く起こるとも言われているようですね。その理由は、子宮が分娩や流産などで就職する際に、子宮内膜の組織までもが子宮の壁の中に潜り込んでしまうからはないかと言われていますが、実際には分娩や流産を経験していない方にも発症するケースがあるようです。 子宮腺筋症は、子宮筋腫とも合併しやすいらしく、注意が必要です。子宮腺筋症と子宮内膜症の区別が一般の素人にはわかりにくいのですが、子宮内膜症では子宮内での出血とそれが治るために起こる子宮の壁の硬化と肥大がみられないそうです。

子宮腺筋症とは関連ページ

子宮腺筋症の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の治療法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮腺筋症と漢方薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。