子宮腺筋症エントリー一覧

子宮腺筋症とは

女性の方に知っておいてもらいたい病気の一つが、子宮腺筋肉症です。簡単にいえば、子宮腺筋症とは、子宮膣内にある正常な子宮の内膜が、なぜか子宮の壁の層の中へと潜り込んで行ってしまう病気なのです。子宮の壁に潜り込んでしまったものが育ち、月経時に子宮内膜が血と一緒にはがれおちるときに、子宮の筋層に潜ってしま...

続きを読む

子宮腺筋症の症状

自分は婦人科系の病気じゃないのか、という症状で悩んでいらっしゃる方が気になるのが、子宮腺筋症の症状ではないでしょうか?子宮腺筋症の典型的な症状は、ひどい月経痛と月経過多といって月経の血の量が多いことです。症状がまだ初期段階の場合には、生理中だけの痛みで済みますが、症状が進むと生理前から生理後まで、長...

続きを読む

子宮腺筋症の原因

子宮腺筋症は、多くの場合30代後半から50代くらいの女性に見られる病気とされていますが、その原因はなんなのでしょうか?ある説では、分娩や流産を経験した女性は、劇的な子宮収縮に伴って子宮腺筋症の原因ともなっている子宮の壁に組織が潜り込んでしまうからだと言われていますが、他にも原因は考えられないのでしょ...

続きを読む

子宮腺筋症の治療法

「私も子宮腺筋症なのではないか?」と不安に思われた方の場合、知っておきたいことの一つが子宮腺筋症の治療の方法ではないでしょうか?子宮腺筋症の治療の場合は、まず婦人科で子宮腺筋症の診断をしてもらいましょう。もちろん、今自分が経験している症状を医療機関で受診した際に訴えるほか、内診、超音波検査、MRIと...

続きを読む

子宮腺筋症の手術

以前まで、子宮腺筋症の手術を行う時には、子宮を全摘出するのが主流だったようです。というのも、子宮腺筋症を発症する年齢が、35歳以上ということで、すでにお子様がいらっしゃる方が多く、また閉経を目前とした年齢の方などが多かったという背景があるからのようです。ところが最近では、子宮腺筋症を発生する年齢が若...

続きを読む

子宮腺筋症と漢方薬

子宮腺筋症をすでに患っておられる方は、西洋医学だけではなく、東洋医学で何とか症状を改善する方法はないのかと思われる方もいらっしゃるようです。さて、東洋医学といえば漢方薬ですが、漢方医学の中で子宮腺筋症は、強い血行の停滞として発症する病気とされているようです。人工妊娠中絶などを行うと、胞脈が損傷してし...

続きを読む