トリコモナス膣炎の症状

トリコモナス膣炎の症状としては女性では泡状の悪臭の強いおりものが増えて、外陰部、膣に強いかゆみがあります。

 

これはトリコモナスが膣内の環境を変えてしまうため自浄作用が損なわれて、さまざまな細菌が発育増加することで症状があらわれることがあります。
それに膣粘膜や外陰部にただれがおこり、おりもので患部や尿道がしみるほどの痛みがあることもあります。
また、男性の場合には尿道や前立腺に感染して炎症をおこします。
女性と違い自覚症状がほとんどないのが特徴です。

 

ただ恐いのは女性でも多数の人に自覚症状が出ないことです。
それにトリコモナスの感染によって一部には免疫を抑制する作用があるといわれています。
それは発ガン作用をもつウィルスの増殖の遠因になっていると考えられています。
またトリコモナスに感染しているときにはエイズにかかりやすいとも言われています。
トリコモナスの炎症がエイズ感染のリスクを高めてしまうと考えられているからです。

 

トリコモナス膣炎の市販薬

トリコモナス膣炎は感染して約3週間ほどで症状が出始めます。ただ症状が出ない人がいるのも事実なので知らず知らずのうちにパートナーに感染させてしまうのがこの病気の一番恐いところです。 症状が出始めたらまずは婦人科を受診して早期の治療をうけるのがよいでしょう。 またパートナーも確実に感染していることが多いので同時に受診をして治療することが必要です。 性感染症で病院に行くのは恥ずかしいという人がいると思いますが、 恥ずかしがらずに一日でも早く受診することが症状が軽く、早期に完治することになります。

トリコモナス膣炎の症状関連ページ

トリコモナス膣炎とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
トリコモナス膣炎の検査方法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
トリコモナス膣炎の治療薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。
トリコモナス膣炎の治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。