トリコモナス膣炎とは

トリコモナス膣炎とは寄生虫の一種のトリコモナス原虫が性交渉などによって膣内に入り込むことによって起こる病気です。
性交渉以外にも公衆浴場の脱衣状やお風呂のいす、便器やタオルからもまれに感染することがあり、感染源が特定できないときがしばしばあります。(あくまでもまれです。)

 

トリコモナス膣炎の恐いところは、この病気にかかっているときには膣の自浄作用が低下するので他の感染症にも感染しやすくなります。
性器周辺に異常を感じたら、できるだけ早く医師の診察を受けることが重要です。

 

ラミシールをこちらのサイトから購入しました。

トリコモナス膣炎は性交渉で容易に感染するので、お互い気がつかないうちに夫婦やパートナーとで、お互いに感染し合ってなかなか完治しにいくことがあり、パートナーと同時に治療を始めなければいけない厄介な病気です。 その上自己判断で治療を中止したり、服薬をやめたりすると何度でも繰り返して感染を起こすことがあるので注意が必要です。 医師の注意を守って治療すると通常は2週間ほどで完治します。 もう一つこの病気の怖いところは、妊娠初期に感染した場合、内服薬を飲むことによって胎児に膣炎が移行して胎児奇形をおこす可能性があります。 ただ、トリコモナス自身には奇形を起こす心配がないので、自分の体がいまどのような状態か把握して病院で伝えると膣錠のみで治療してくれます。 妊娠中期から末期にかけては膣炎が影響して早期に破水を起こし早産になることもあります。 受診することをためらったりしていると大変な事態を招くこともあります。もし少しでも疑うような症状があれば早いうち病院に行き、医師に相談するのがよいのではないでしょうか。

トリコモナス膣炎とは関連ページ

トリコモナス膣炎の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
トリコモナス膣炎の検査方法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
トリコモナス膣炎の治療薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。
トリコモナス膣炎の治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。