卵巣がんの抗がん剤治療

卵巣がんの治療法には、手術である外科的治療・抗がん剤治療である化学的治療・放射線治療三つの種類があります。
卵巣がん治療法の一つである抗がん剤治療について説明しましょう。

 

卵巣がんは、他のがんと比べて、抗がん剤が効きやすいタイプのがんだと言われています。そのため、次々と新薬が開発され、既存の抗がん剤の投与方法の工夫で副作用を抑えながら、劇的な効果を上げています。

 

抗がん剤治療と言えば、強い副作用をイメージする方も多いでしょう。しかしながら、支持療法が発達し、投与方法が工夫されるようになり、副作用もかなり軽減されてきているようです。

 

卵巣がんに限らず、がんという病気は、進行すると血液などを経由して、体中に転移していきます。そして、がんが全身に広まってしまっていたり、手術や放射線治療を受けた後でも、再発して転移が起きてしまうケースも多いものです。
こうした場合、局所的な治療では対処できず、抗がん剤治療のように、全身に効果を発揮する治療法が効果なのです。

しかしながら、抗がん治療にはリスクも伴います。抗がん剤治療は、がん細胞を退治するだけでなく、正常な細胞にも影響を及ぼすからです。。抗がん剤が効果的だからといって全ての人にOKというのではなく、体調や体質を考慮した上で抗がん剤治療をするかどうかを決めることが大切です。 また、卵巣がんは、完治までには長期間の治療が必要になります。その間に、獲得耐性が起きないように工夫することも大切です。獲得耐性とは、治療を続けていくうちに最初は有効であった抗癌剤が効かなくなってしまう耐性のことです。

卵巣がんの抗がん剤治療関連ページ

卵巣がんとは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの転移
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの検査
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。