卵巣がんの治療

卵巣がんの治療にはどのようなものがあるのでしょうか。外科療法・放射線療法・化学療法などの治療法があり、医師と相談しながら治療法を選択します。
病気・年齢・がんの組織のタイプ・がん以外の病気の有無などの状況によって、それぞれの方の最も適した治療方法は違ってきます。

 

現在最も有効と認められている治療は、標準治療と呼ばれていますが、中々満足できる結果をもたらすことができないようです。そのため、新しい治療法も開発・研究されているようです。そうした新しい治療法は、多くの専門家の管理のもとで「臨床試験」として行われます。卵巣がんの治療を受ける場合には、「標準治療」か「臨床試験中の新しい治療」のどちらかを選ぶことになります。

 

卵巣がんは、抗がん剤がよく効くがんだと言われています。抗がん座を内服したり、静脈注射をしたりします。腹膜播種の場合には、腹腔内に直接、抗がん剤を投与したりもします。

卵巣がんが他の臓器への転移・浸潤も起こしている場合には、まずは手術によってがんを切除します。そして、体内に残るがん細胞を殺すためには、抗がん剤による治療を行います。また、体力がない患者の場合には、先に抗がん剤による治療を行います。そして、がんが小さくなってから、手術を行います。 卵巣がんの切除は、通常は卵巣の切除か大網の切除がなされます。そして、転移がひどい場合には、後腹膜リンパ節郭清や腸管などの合併切除がなされます。その際には、他の臓器を一緒に切断することもあるようです。

卵巣がんの治療関連ページ

卵巣がんとは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの転移
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの検査
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの抗がん剤治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。