卵巣がんの検査

卵巣がんの検査は、婦人科で受診します。お医者さんは、下腹部の圧迫感やしこりが触れるなどの症状があれば、卵巣がんではないかの判断が付くようです。診察で腫瘍が疑われる場合には、超音波・CT・MRIなどの画像診断、子宮の腫瘍かもしくは卵巣腫瘍か、腫瘍の内部の構造など詳しい検査を行います。卵巣がんが転移しているかどうかも、調べます。

 

そして、腫瘍が良性か悪性かを判断する必要があります。この判断は、非常に重要です。判定には、「CA125」という腫瘍マーカーが判断材料として使われます。卵巣がんの中の「漿液性腺がん」は、CA125という糖タンパクを産生するようになります。そのため、血液中にCA125が増えていると、卵巣がんであるという判断になるのです。

転移のある卵巣がんの場合、ほとんどの人がCA125陽性の判定がでます。非常に高い値になるので、血液検査だけでも卵巣がんの新談ができることもあります。とはいえ、早期がんでは陽性率が低いです。また、若い女性の中には、卵巣がんではないのにも関わらず、CA125が高い人もいると言われています。 卵巣がんは、初期症状が無自覚なのが特徴です。症状に気が付いた時には、既に転移を起こしている、という場合も多いのです。そのため、できるだけ、卵巣がんの早期発見ができるようにしようと様々な取り組みがなされています。 定期的に卵巣がんの検診を受けることも大切です。残念ながら、検診の中には、まだ有効性が証明されていないものも多く、今後の医療の課題になっているようです。

卵巣がんの検査関連ページ

卵巣がんとは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの転移
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの抗がん剤治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。