卵巣がんの症状

腫瘍が小さい卵巣がんの初期には、ほとんど症状がありません。腫瘍が大きくなり、こぶしの大きさくらいになると、固いしこりが下腹部にできて圧迫感を感じるようになります。
卵巣がんは腰痛や下腹部痛や生理不順などの症状がひどくなったり、膀胱が圧迫されて尿が近くなったりして婦人科を受診して発見されるケースも多いです。

 

卵巣がんの自覚症状が出てくる頃には、がんが他の部位に転移してしまっていることが多いです。
卵巣がんは恐い病気ですね。
卵巣がんには、転移しやすいものと転移しにくいものがあります。
転移しやすいもの場合は、転移先でのがんの症状が現れます。
そして、転移しにくい卵巣がんの場合は、卵巣内にとどまっていて発育していきます。腫瘍が大きくなると、上に書いたような症状が出てきて、卵巣がんの無自覚症状が現れるのです。

良く知られている卵巣がんの症状としては、腹水があります。腹水は、がんの転移によって溜まります。卵巣がんに多い転移のパターンは腹膜播種という形で、文字通り種を蒔くようにがん細胞が腹膜を広がってゆくパターンです。腹膜播種が進行すると腹水が溜まり、胸腔内にがんが拡がると 胸水が溜まります。 このように、卵巣がんは中々自覚症状が現れません。実際、卵巣がんの過半数の人は、転移した状態になって異変に気が付きます。そして、症状を自覚するようになって病院に行き、卵巣がんだと知るようです。 卵巣がんの早期発見の為に、婦人科検診を定期的に受けるようにしたほうがいいでしょう。 婦人科検診で偶然に発見されることも多いようですよ。

卵巣がんの症状関連ページ

卵巣がんとは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの転移
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの検査
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの抗がん剤治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。