卵巣がんとは

女性にとって大切な臓器である卵巣は、親指大の大きさで子宮の両脇にひとつずつある楕円形の臓器です。
卵巣において、生殖細胞である卵子が成熟し、放出されるとともに、周期的に女性ホルモンを分泌している臓器です。

 

卵巣の腫瘍の中で最も多いのは、卵巣の表層をおおう細胞に由来する上皮性腫瘍です。この腫瘍の80%は良性ですが、悪性腫瘍(がん)と良性・悪性の中間的な性質をもつ腫瘍(中間群)があります。上皮性腫瘍はさらに5つの細胞型に分かれますが、皮性のがんは卵巣がんの90%を占めているようです。

 

卵巣がんになりやすい人は40歳代以降が多く、50歳代前半でピークを迎えほぼ横ばいになりますが、80歳以上でまた増加します。

 

卵巣がんの組織型はたくさんあり、発生には、複数の要因が関与していると考えられています。例えば、卵巣がんの家族歴があります。大部分の卵巣がんは散発性ですが、家族性腫瘍として、遺伝子の変異が知られています。リスク要因として出産歴がないこともリスク要因と言われています。骨盤内炎症性疾患・多嚢胞性卵巣症候群・子宮内膜症などの婦人科疾患も、リスク要因と言われています。他には、肥満や食事、排卵誘発剤の使用やホルモン補充療法などがあるようです。

卵巣がんの場合、腹部に腫瘍ができても初期の内はほとんど自覚症状がありません。そのため、転移した状態ではじめて病院を訪れる場合が半分以上です。卵巣がんに最もよくある転移は、腹膜播種で、転移は卵巣の表面からちょうど種をまくようにがん細胞が腹膜に拡がっていきます。また、横隔膜にもよくみられます。 卵巣がんは、転移がなければ手術だけで治ります。しかし、転移した状態ではじめて治療を受ける場合は、手術だけではダメで、手術後に抗がん剤による治療が行われます。 いずれにしろ、婦人検診で早期発見できるよう、定期的な検診が必要です。

卵巣がんとは関連ページ

卵巣がんの症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの転移
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの検査
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
卵巣がんの抗がん剤治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。