女性ホルモンの影響

女性ホルモンが減るとこんなデメリットがあるのをご存知でしょうか?
女性ホルモンが影響を与えている体の部分はかなりあります。女性として、一番気になるものとしてはお肌への影響です。女性ホルモンが低下していくと、肌の活力が低下し、乾燥したかかさつきがちなお肌になってしまいます。

 

それから肌だけでなく、髪の毛にも影響があり、ハリやコシがなくなり、髪の量も少なくなってきたりするといいます。このような美容に関する情報は多くの女性でも知っている話でしょう。しかし、それ以外にも女性ホルモンが減るとこんなデメリットがあるのをご存知の方はどれほどいらっしゃるでしょうか?
実は女性ホルモンは記憶にも大きな影響を与えているといわれているのです。
ですから、女性ホルモンが低下すると記憶が乏しくなったり、早くにぼけや痴呆が進行するなどとも言われています。

更年期を迎えたアルツハイマー型痴呆の例ですが、更年期障害を緩和するために投与されたホルモン剤の影響で、痴呆の状態が軽くなったという話があります。それだけ、女性ホルモンは記憶力への影響があるということでしょう。 また更年期で女性ホルモン剤を投与されると、更年期障害によく見られるうつや不眠、体調不良が緩和されるのはよく知られていますよね。そう考えると女性ホルモンは、私たちにとって、なくなてはならない存在だということがわかります。 女性ホルモンが減るとこんなデメリットがあるのか、調べてみると、他にも性生活に関すること、肥満にかかることなどがあげられます。

女性ホルモンの影響関連ページ

女性ホルモンとは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
女性ホルモンサプリメント
不正出血の原因と対処法について説明しています。
女性ホルモンサプリメントの効果
不正出血の原因と対処法について説明しています。
女性ホルモンサプリメントの副作用
不正出血の原因と対処法について説明しています。
大豆イソフラボンの影響
不正出血の原因と対処法について説明しています。
プエラリアの効果
不正出血の原因と対処法について説明しています。
更年期障害と女性ホルモン
不正出血の原因と対処法について説明しています。
生理と女性ホルモン
不正出血の原因と対処法について説明しています。