妊娠と子宮筋腫

子宮筋腫が発見された場合に、一番気になるのは今後の妊娠に問題は無いのかと言う点ですよね。子宮筋腫が見つかったからと言って、不妊など即妊娠に問題が出ると言うことはあまりありません。子宮筋腫は、出来てしまった場所によっては、胎児の成長の邪魔にならないとされるケースも少なくないため、定期健診で経過をよく確認しながらそのまま分娩へと至る場合が多いのです。

 

妊娠中の定期健診などで、子宮筋腫が見つかると言う場合もあり、自覚症状があまり無かったり、出産に問題が無いようであればそのままとするケースがほとんどのようです。ただ、子宮の出口付近などに腫瘍が発見された場合など、赤ちゃんが正常に分娩できないと判断された場合には、帝王切開での出産となります。

これは腫瘍のできた場所や大きさなどによって変わってくるため、医師とよく相談する必要があります。子宮筋腫の多くは、妊娠時の検診で見つかることが多く、その後問題なく出産となるケースがほとんどなのですが、気になるのが妊娠前に腫瘍が見つかって治療を行う場合です。投薬治療の場合にはピルの処方がされることもあるので、その間は妊娠が望めません。 妊娠を望んでいる場合で治療が必要なレベルと判断された場合には、投薬や手術など適切な処置を行ってその経過を確認した上で、妊娠を迎えることになります。 こういったタイミングについてもパートナーとよく話し合った上で、医師とよく確認して行うようにする必要があります。

妊娠と子宮筋腫関連ページ

子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。