子宮筋腫の手術

子宮筋腫の治療法として、外科手術が多く利用されていますが、手術法にもいくつか方法があります。これまで子宮筋腫の摘出はお腹にメスを入れる切開手術がほとんどでしたが、腫瘍のできた場所や大きさ、個数などによっては腹腔鏡での手術も可能となります。

 

腹腔鏡手術は、腹腔鏡と呼ばれる器具を用いて、該当する場所を切開するのではなく穴を開けて腹腔鏡を入れていき、病理を切除する方法で、切開に比べて手術の所要時間も短縮されるほか、患者の身体的な負担が少なくて済むので回復が早いので入院期間が短くて済むなどそのメリットに着目されています。しかし、腹腔鏡での手術が可能な症例は筋腫が出来た場所や大きさ、個数などに制約があるため、よく状態を見極めて行う必要があります。

 

子宮筋腫の手術は、切開で行う場合には、筋腫の出来てしまったところだけ部分的に取り出す部分摘出と、子宮すべてを摘出する膳摘出とがあります。部分摘出は、妊娠を希望しているなど子宮を残した治療を望む場合に行われますが、この場合はすべての筋腫を取り除くことが出来ないことから、閉経するまでは再発する恐れがあります。

全摘出は子宮すべてを取り除くので、子宮筋腫の再発だけでなく、子宮内膜症や子宮がんなどの生殖器に由来する病気のリスクも無くなる点がメリットとして挙げられますが、当然その後の妊娠は望めなくなるため、主に出産後に妊娠を望まない患者がその対象となります。 外科手術と一口に言っても、さまざまなメリットとデメリットがあるため、主治医とよく相談して、希望に沿うように手術方法を決める必要があります。

子宮筋腫の手術関連ページ

子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。