子宮筋腫の治療

子宮筋腫が発見された場合には、どんな治療が行われているのでしょうか。子宮筋腫は、筋肉の塊が腫瘍として発生する病気ですが、月経時の出血が多く貧血を起こしてしまったり、ひどい月経痛に悩まされたりという症状が報告されています。一般に、子宮筋腫は特別悪さをする腫瘍ではないので、自覚症状が無い場合には経過を観察するのみで特別に治療を行う必要は無いのですが、症状がひどく日常生活に支障をきたしてしまうと判断された場合には医学的な治療が行われます。

 

子宮筋腫の治療法は、大きく分けて投薬での治療と手術での治療の2種類があります。今後妊娠を望む場合には、リスクの大きい手術は避けて投薬での治療が中心となります。投薬の治療は、筋腫が大きく育つ原因とされているエストロゲンの分泌を抑えるために、一時的に閉経状態とする低容量ピルや、月経時の貧血を補う増血剤などの処方が中心になります。

ピルはこれまで、子宮筋腫や子宮内膜症の治療にはNGとされていましたが、これは外科手術が必要とされる深刻なケースを除いては、低容量のものであれば問題は無いと言う認識に変わってきていることから投薬治療に利用されるようになってきています。 外科手術の場合は、主要の部分だけ切り取る部分摘出と、子宮をすべて取り出す全摘出とがあります。 これまでは切開での手術が主流でしたが、筋腫のできた部位や大きさによっては腹腔鏡で短時間に済ませられるようにもなってきています。また、新たな治療法として超音波を利用した方法も注目を集めるようになってきており、まださまざまな方法での治療が開発される余地も多いと考えられています。

子宮筋腫の治療関連ページ

子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。