子宮筋腫の原因

子宮筋腫は両性の腫瘍で、重篤な病気へと進行することはごくごく稀な比較的楽観できる症状ではありますが、いったい何が原因でこういった腫瘍が出来てしまうのでしょうか。

 

子宮筋腫の原因は、現在でもはっきりと断定はされていないようなのですが、体内で分泌されるホルモンのエストロゲンが原因ではないかと考えられています。エストロゲンは月経の周期にあわせて体内で多く分泌されるホルモンで、これによって子宮筋腫が育つと考えられているわけですが、このエストロゲンは閉経して月経が止まるとその分泌量も大きく低下します。
そうなると子宮筋腫の原因となる物質の分泌が少なくなることから、子宮筋腫もそれ以上大きくはならないと考えられているのです。しかし、はっきりとした原因は先にも述べたとおりまだきちんとは解明されていません。

筋腫はもともとは、小さな筋肉細胞でしたが、その周りに更に細胞がくっつくことで筋腫となるとも考えられているのですが、その筋腫の大元となる筋肉細胞がどのような原因で作られるのかはわかっていないのです。 こういった筋腫の芽となりうる原因は、現在も私たちの体内に潜んでいる可能性が高いのです。 また、最近では女性が一生に経験する月経の回数が昔に比べて格段に多くなっていることから、こういったことも遠因となっているのではないかと考えられています。 原因がきちんと解明されれば、子宮筋腫を防ぐ方法の確立に役立つされていますが、現在はまだはっきりとはわかっていません。

子宮筋腫の原因関連ページ

子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。