子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状は、無自覚で住んでしまうことも多々あるほどですが、症例としてげれられているのは月経時の出血の量が増え、それに伴って貧血を起こしてしまうことや、不正出血などです。子宮筋腫が発見されるのは、妊娠時に受ける検診や、乳がんや子宮がんなどの検査時が多く、自覚症状でもって検診した結果と言うはあまり多くありません。

 

それほどに自覚症状が無いとされている子宮筋腫ですが、先に挙げたように月経時の血液の量の増加など、決して無症状と言うことではありません。しかし、月経痛が人によって軽かったり重かったりするように、これらの症状についてもかなりの個人差があるようです。

一般的には月経時の出血量の増加やそれに伴う貧血、不正出血などが挙げられる子宮筋腫の症状ですが、腫瘍のできる場所によってもその症状が変わることがあるようです。それらの症状としては、月経が不規則になってしまうほか、出来てしまった腫瘍が内臓を圧迫するために内蔵の機能が低下し、便秘や頻尿になるなどおおよそ子宮の病気とは一瞬つながりにくい症状も出るとされています。こういった自覚症状で子宮筋腫を疑うのはなかなか難しいのですが、一番の特徴は月経時の出血量の増加や不正出血、生理不順など月経に関する症状も多く出ているようです。 これらの症状は子宮内膜症などとも共通していることから、これまでと変わったことがあった場合には健康診断だと割り切って婦人科を受診するのも良いかもしれません。

子宮筋腫の症状関連ページ

子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。