子宮筋腫

女性の子宮は、妊娠、出産の際に伸縮する子宮筋層からなっており、
膜が筋肉の両面を覆ったかたちの三層構造をとっています。

 

婦人病のひとつの種類としてよく知られている子宮筋腫は、
この子宮筋層に発生する良性の腫瘍です。
子宮筋腫は婦人病の種類の中ではかなり多く見られるもので、
成熟した女性の多くが多少の子宮筋腫をもっているとさえ言われています。

 

子宮筋腫は、腫瘍ができる位置によって三種類に分けられます。
症状などもそれぞれ違ってきます。

子宮筋腫が最も多く見られるところは筋層内筋腫です。 非常によくある婦人病ですが、はっきりとした原因はまだ究明されていません。 成熟した女性にありがちな婦人病であることから、卵巣ホルモン、特に卵胞ホルモンと関連があるのではないかといわれています。 これらのホルモンは子宮を発育させる一方で、子宮にできた筋腫も発育させてしまうのではないかと考えられているわけです。 子宮筋腫に、特に効くという予防法はまだわかっていませんが、血液の循環をいつも滞りなく正常に保つことが、病気の予防や筋腫の進行を遅らせることにつながるとされています。 体全体、特に下半身を冷やしすぎないように一年を通してよく注意し、同じ姿勢で長時間座るといった動作を避け、適度に体を動かし、血行の改善に努めたいものです。 また、子宮筋腫によってひきおこされがちな症状である貧血や便秘の改善のために、ビタミン類や緑黄色野菜、鉄分などを積極的に摂取すると良いでしょう。

子宮筋腫関連ページ

子宮筋腫とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の治療
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮筋腫の手術
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と子宮筋腫
不正出血の原因と対処法について説明しています。