子宮内膜症に効く漢方薬

子宮内膜症は西洋医学では原因もはっきりと解明されておらず、子宮内膜症の治療は対症療法か外科手術での摘出手術になります。

 

また、月経が続く限り、子宮内膜症のリスクからは逃れることが出来ず症状が進行していくため、子宮内膜症治らない病気であると認識されています。

 

このため、子宮内膜症の治療を東洋医学の漢方薬を用いて行う方法にも注目が集まっています。

 

子宮内膜症は、本来子宮の中だけにあるべき子宮内膜が子宮以外のところで増殖や剥離を繰り返してしまう症状ですが、本来は自分の細胞であることや、ごくごく稀に癌化することが報告されていますが、おおむね命に関わることの無い良性の病気とされています。

 

しかし良性とはいえ月経のたびに症状が進行し、人によっては激しい痛みを伴うことから、漢方薬によってそれを和らげようと言うのです。

東洋医学では、子宮内膜症は免疫力の低下や、血の流れの悪化によって引き起こされると考えられています。

 

風が引きやすいなど、免疫力が低下した状態では、体に進入してくるウィルスなどに抵抗するのに気を惹かれてしまって本来あるべきでないところに別の細胞が侵入していることに以上を感ずることが出来なくなってしまっていると考えられるため、基本的な体力の増強や、免疫力を高める漢方薬を用いて基礎体力の強化を行うのです。

 

そのほかにも、子宮内膜が固まってしまっている状態を血が滞った状態と認識するので、この血の流れを正常にするため、体の体温を高めたり、血の巡りを促す漢方薬を処方して体全体のメンテナンスを行うのです。

 

漢方薬の治療は、医師によっては行っていない場合があるので、よく相談して取り入れるようにする必要があります。

 

また、漢方薬は保険が適用外になることもあるのでよく確認する必要があるでしょう。

子宮内膜症に効く漢方薬関連ページ

子宮内膜症とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の検査法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の治療法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピクノジェノールと子宮内膜症
不正出血の原因と対処法について説明しています。