子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因は、今のところはっきりと分かっていません。

 

子宮以外の場所に、子宮の中だけにあるはずの子宮内膜がなぜか存在してしまうために子宮内膜症が起きるとされていますが、なぜ子宮内膜が子宮以外のところへと現れるのかがはっきりとした原因がわからないのです。

 

しかし、原因として有力視されている仮説はいくつか発表されています。
いくつかの仮説の中で、現在最も子宮内膜症の原因として有力視されているのが、月経時に経血とともに排出されるはずの子宮内膜が、逆流を起こしておなかの中へとあふれてしまうことです。

本来排出されるべき子宮内膜が逆流をおこして子宮以外へ入り込み、月経のたびに増殖と剥離を繰り返していると言う説です。 もうひとつが、本来は皮膚であった組織が、何らかの原因で子宮内膜へと変化してしまうと言う説です。 また、最近になって子宮内膜症の新たな原因の可能性としてアレルギーが挙げられています。まだ子宮内膜症の原因については多くの医師が研究しながら追求を行っているのです。子宮内膜症はこれまではあまり露見していない病気でした。最近になって多くの女性が子宮内膜症に悩まされるようになったのです。 この背景には、現代の女性の生活習慣が大きく影響しているのではないかと考えられています。というのも、栄養状態の良化から女性が初潮を迎える年齢が段々と低下しています。しかし、閉経を迎える年齢には変化が無く、女性が一生のうちで経験する月経の回数が格段に増えているのです。 その上、女性一人あたりが経験する出産回数も大きく低下していることから、こういった月経回数の増加も原因にあるのではないかと考えられています。

子宮内膜症の原因関連ページ

子宮内膜症とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の検査法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の治療法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症に効く漢方薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピクノジェノールと子宮内膜症
不正出血の原因と対処法について説明しています。