子宮内膜症の検査法

子宮内膜症の検査は、病院(婦人科)で受診することができます。

 

子宮内膜症の検査にはさまざまな種類がありますが、どれも正確に病状を確認するのに重要な検査となるので、必要に応じて利用するとよいでしょう。

 

まず一番始めに行われるのは問診です。
自覚症状や経過などを確認します。
検査で最初に行われるのは内診です。
これは膣の中に指を入れ、もう片方の手でおなかを押さえて子宮の大きさや腫れていないか、癒着の有無などを確認します。
その後、更に奥での進行を確認するために直腸診があります。これは肛門から指を入れて、深いところの状態などを確認します。

 

内診や直腸診は、初めての診察では抵抗があるかと思いますが、これは状態を確認する重要な検査となるので、できるだけリラックスして受診するようにしてください。

そのほかにも、超音波を発信する器具をおなかの上や膣の中に当てて中の状態を確認する超音波検査や、 磁気によって体の断面をさまざまな角度から撮影することが出来るMRI検査、 X線を利用して体を輪切り状に撮影することが出来るCTなどがあります。 また、子宮内膜症は、発症している場合には腫瘍マーカーの値が大きく動くことから血液検査も実施されます。 超音波検査では、実際に患者もモニターを見ながら受診することができるので、状態の把握や治療方針の説明などもスムーズに受けることが出来るメリットがあります。 MRI検査も、癒着の具合や病気の進行具合などを詳しく確認することが出来るので、CTに比べて子宮内膜症ではMRI検査が有効とされています。

子宮内膜症の検査法関連ページ

子宮内膜症とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の症状
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の治療法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症に効く漢方薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピクノジェノールと子宮内膜症
不正出血の原因と対処法について説明しています。