子宮内膜症の症状

子宮内膜症は、子宮以外の器官に子宮内部にしかないはずの内膜が現れて増殖し、はがれていくと言うことを繰り返していく病気です。
月経のたびにその症状が進行していきます。

 

本来、子宮内膜は子宮の内側にしか存在しないことになっているので、子宮内側にある内膜ははがれ落ちたら血液と一緒に月経として体の外に排出されます。
しかし、子宮内膜症は子宮以外の器官ではがれ落ちた内膜が体の外に排出されること無く体内に蓄積して炎症や癒着を引き起こしてしまうのです。

子宮内膜症の自覚症状は、主に月経痛や排便時の痛み、性交時の痛みなどが一般的にあげられますが、その自覚症状は人によって個人差があるため、全く自覚症状が無いままに進行してしまうケースも少なくありません。 子宮内膜症の症状として最も一般的なのが月経痛の悪化ですが、だからと言って月経痛がひどいからと言って即子宮内膜症と考えるのは早計です。 というのも、月経痛は子宮内膜症だけでなく、さまざまな要因によってもたらされることが多いので、きちんと効果的な治療を行うためにも、一口に月経痛といってもその原因をきちんと探る必要があるのです。しかし、月経痛の悪化が子宮内膜症のサインであることも事実です。 3回〜6回くらいを目安に観察してみて、これまでよりも格段に月経痛がきつくなっている、鎮静剤を飲んでもよくならない、などの症状が現れた場合には、子宮内膜症に限らずなんらかの異常の表れと言う可能性が高いので、婦人科に診断したほうがよいでしょう。

子宮内膜症の症状関連ページ

子宮内膜症とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の検査法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症の治療法
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮内膜症に効く漢方薬
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピクノジェノールと子宮内膜症
不正出血の原因と対処法について説明しています。