ピルと不正出血

ピルでも不正出血がおこることがあります。日本でも低用量ピルが認可を受けて販売されるようになりましたが、低用量化によって不正出血を起こしたり整理がごく少量になったりすることがあります。

 

低用量ピルには3種類ありますがその中でも三相性ピルはホルモン量変化に咥えて排卵期のホルモン量を考慮して変化をつけたものとなっています。三相性のピルは副作用の症状は少ないですが不正出血が起こりやすく、飲み忘れに対しての対処が面倒であるなどの特徴があります。ただ正しく服用している限りは不正出血があっても心配いりません。
ピルの効果が落ちているわけではありませんので服用を途中で中止する必要はありません。このような出血は服用を続けていけば2〜3ヶ月で起こらなくなります。ただその後も断続に出血が起こるようであれば服用を中止して医師に相談するのがよいでしょう。

ピルを飲み始めて初期のときは体がホルモンに慣れているときなので不正出血が起こりやすい状況にあります。服用前に検査を受けて婦人科系の疾患がないことがわかっているのなら心配はいらないでしょう。ただ、検査を受けていない場合は何らかの婦人科系疾患の可能性がある場合もありますから念のため検査を受けるのが良いでしょう。 検査をうけて何も異常がなければピルを服用したことによる不正出血ですのでそのまま服用を続けて体がピルに慣れてきたら自然に不正出血は止まってきます。ピルを服用して不正出血が起こった場合、どうしても心配なら一度病院で診察をうけるのが良いでしょう。

ピルと不正出血関連ページ

不正出血とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
生理と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
産後の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
更年期の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮の異常と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血が心配なときは婦人科に
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血時の注意点
不正出血の原因と対処法について説明しています。