更年期の不正出血

更年期の不正出血の原因はホルモンバランスの崩れです。

 

女性ホルモンを分泌する卵巣の寿命は約50年といわれます。

 

女性ホルモンが減少するため体の各部位に様々な影響を与えますがこの時期が更年期といわれます。このホルモンバランスが崩れて更年期には不正出血がおこりやすくなります。

 

このように更年期に不正出血がある人はホルモンのバランスを整えるためにホルモン補填療法が効果的です。

 

最近のホルモン剤は腹部に貼るタイプのものも使われるようになって来ました。

 

ホルモンバランスの崩れが原因の不正出血は恐れなくてもいいのですが、子宮がんや子宮筋腫が原因の出血もあります。その場合ホルモン療法が症状を悪化させる原因にもなりますので婦人科を受診し、よく相談するのがよいでしょう。

 

 

更年期になると生理が不順になります。個人差もありますが生理の周期が乱れて、生理の期間や出血の量にも変化が見られるなど人により症状は様々です。 更年期になると不正出血が起こることがあります。不正出血はまず妊娠の可能性が疑われますが、妊娠でない場合は更年期障害による出血であると考えられています。 ただ、確実な判断をするためには子宮がんの検診を受けたほうがよいでしょう。 子宮がんの検診は2種類ありますが心配なら医師と相談の上それぞれの検査をうけるのが良いでしょう。更年期障害の不正出欠は時には大量の出血を引き起こすことがあります。 このような場合簡単には止血できないことかあるため入院治療が必要になる場合もあります。 更年期だからといってそのままにしておくのではなく、原因をつきとめることが大切なのではないでしょうか。

更年期の不正出血関連ページ

不正出血とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
生理と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
産後の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピルと不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮の異常と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血が心配なときは婦人科に
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血時の注意点
不正出血の原因と対処法について説明しています。