妊娠と不正出血

妊娠して不正出血があると多くは流産や子宮外妊娠だと考えられています。妊娠に気づかずに不正出血があって病院へいって初めて妊娠を告げられることが多々あります。

 

それまでは何かしら調子が悪くても気づかないときが多いものです。妊娠時の不正出血は分娩するときや切迫流産のとき、分娩後に子宮の収縮が悪くなるときなどに不正出血が見られます。生理がいつもと違う、遅れているだけだと思っていても実は切迫流産だったということも考えられ、妊娠中の不正出血は大きな危険性がある場合があります。時と場合によっては子宮外妊娠ということがあり、不正出血は危険な印であるときがあります。

妊娠初期の不正出血はほとんどが問題のないことが多いです。これは月経様出血や着床出血である可能性が多く問題のない場合がほとんどです。胎盤が出来上がるまで不正出血が続く人もあります。ただ自己診断することなくかならず医師の指示をうけるのがよいでしょう。 妊娠して不正出血がある場合深刻な症状は不正出血と下腹部痛、腹痛がひどい場合です。ひどい不正出血と腹痛は子宮外妊娠で流産するときにおこります。成長が進みすぎない段階での流産では痛みは強くないですが明らかに大量の出血があります。手術の必要がある場合もあるので病院での診察がかならず必要です。妊娠と不正出血は自己判断をして取り返しのつかないことになったりしないように、妊娠の基礎知識を持って生活習慣を管理しなければいけません。ストレスをためないように毎日の生活をおくることが大切でしょう。

妊娠と不正出血関連ページ

不正出血とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
生理と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
産後の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
更年期の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピルと不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮の異常と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血が心配なときは婦人科に
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血時の注意点
不正出血の原因と対処法について説明しています。