生理と不正出血

生理が順調にあるから心配はしていないと思っている人も多いと思います。
しかし、いつも生理があるからといって安心はできません。
生理と思っていたら実はその出血は生理から続く不正出血かも知れないからです。

 

生理なのにいつもと色が違うと思ったことはないでしょうか。
もしかするとこれが不正出血かもしれないと病院に行かれた方もいらっしゃると思います。
ほとんどの場合がホルモンバランスの崩れが原因になることが多いようです。
ただ、その人の体調により症状が違うのですべてがそうだとも言い切れません。
これ以外に生理的に落ち着かないとき不正出血があることもあります。

 

たとえば流産した後などに生理が順調にくるまで時間がかかる人がいるため、時々不正出血として出血することがあります。

生理か不正出血か迷って病院に行く決心がつかない人が多いです。 これはただ生理が続いているだけだと思い込んでいる人が多いからです。 また出血は生理という考えから離れることができずに不正出血だと認識していない人もいます。このように出血が生理だけという思い込みが強いため、定期的に出血があるとそれは生理と考えてホルモンバランスの崩れや重大な病気を見逃していることがあるかもしれません。 何かいつもと違うなと感じることがあったら、その出血が生理なのか不正出血なのか早めに病院に行き、診察をうけるのがいいでしょう。 自分自身の思い込みが重大な病気を見逃して、あとで取り返しのつかない事態を招くことになるかもしれません。

生理と不正出血関連ページ

不正出血とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
産後の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
更年期の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピルと不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮の異常と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血が心配なときは婦人科に
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血時の注意点
不正出血の原因と対処法について説明しています。