不正出血の原因

不正出血の原因で一番心配されるのが子宮がんです。
アメリカでは約3万人以上の女性が悩んでいる病気です。
最近日本でも増えてきているので万が一のためにも検査は必要です。

 

ガンにまで進んでいなくても子宮に何らかの影響があると不正出血がみられることが多くあります。子宮は複雑に形成されていて、子宮の中にまでできるポリープが不正出血を招くことがあります。不正出血はガン以外にも子宮筋腫やポリープ、子宮膣部びらん、卵管ガンなどがあります。このように子宮が病気になったら大抵は出血してからきづくものです。そうなる前に定期的に健診をうけて予防するのも大切なことです。
不正出血は病気だけでなく妊娠していても出血がある場合があります。妊娠初期の出血を病院を診察して初めて妊娠を告げられ驚くケースがあります。妊娠に伴う出血は流産や早産、前置胎盤などがあり、そのときの症状は様々で急な症状が出る場合があるので気をつけることが大切です。

また不正出血は病気からだけでなく、ホルモンバランスが崩れたときに現れます。 更年期障害や思春期の子宮や卵巣が未発達であるときも出血する場合があります。 不正出血はホルモンや子宮、卵巣などの状態が不安定なときに見られることがあります。 ストレスや不規則な生活が続くとホルモンのバランスが崩れて不正出血をする場合があります。また子宮の出口である頚管から出血する場合などもあります。 思春期以外ではホルモンや子宮などの状態をチュックして、 なるべく体調を安定するように自分の体を整えるのが不正出血を予防することになります。

不正出血の原因関連ページ

不正出血とは
不正出血の原因と対処法について説明しています。
生理と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
産後の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
更年期の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピルと不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮の異常と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血が心配なときは婦人科に
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血時の注意点
不正出血の原因と対処法について説明しています。