不正出血とは

不正出血とは性器からの出血で生理以外に出血することです。
月経痛や月経不順と同じくらいに患者数が多く、悩んでいる女性も多くいます。

 

出血量はそのときの原因により様々です。
おりものにうっすらと血が混じったものから状態や量はいろいろです。
不正出血の量が少ないからと言って放置するのはよくなでしょう。
不正出血には病気が隠されているかもしれません。

 

いつもの生理の時期でないのに出血があれば不安が付きまといます。
あれこれ考えて長い間放置するよりも、
まずは病院にいって診察をうけるのがよいのでしょう。

 

ホルモンの分泌異常が原因でおこる不正出血や、
月経と月経の中間あたりや、
排卵の頃に出血するものもあります。

 

病気と決め付けるのはよくありませんが、
病気からくる不正出血なら子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣がんなどが考えられます。
またトリコモナス膣炎のような膣炎が原因であったり、
妊娠中の人なら流産、子宮外妊娠なども不正出血を伴います。

 

不正出血には子宮のまわりの状態からくる病気が多く見受けられます。

 

亀頭包皮炎の薬

 

 




出血とともにのぼせ、イライラなどの症状を伴うことがあったら病名が確定されやすいこともがあります。 不正出血以外のほかの症状にも注意をしておきましょう。 ただ検査をしても、不正出血の原因が分からないときがあります。 なぜわからないかその原因はわかっていません。 このような場合、医師の指示に従って子宮の調子を整えるようにしましょう。 不正出血があったらそのままにしているのはやはりよくないことです。 一日でも早く専門の病院で診察を受けて、 何が原因で不正出血があったのかをはっきりさせるのがいいでしょう。

不正出血とは関連ページ

不正出血の原因
不正出血の原因と対処法について説明しています。
生理と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
妊娠と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
産後の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
更年期の不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
ピルと不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
子宮の異常と不正出血
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血が心配なときは婦人科に
不正出血の原因と対処法について説明しています。
不正出血時の注意点
不正出血の原因と対処法について説明しています。