無排卵月経の治療にプラノバールを服用しました。

私は看護師をしています。

 

病院で働くと夜勤などで生活リズムをくるい、毎日のストレスで生理が2ヶ月こないこともよくありました。

 

結婚を機に病院を退職し5年ぶりに夜勤のない普通の生活をしていると、毎月同じ周期で生理が来るようになりました。

 

意識して何かに取り組んだわけではありませんが、生活スタイルが規則正しくなり朝7時に起きて、夜12時に就寝することを繰り返し、仕事からのストレスが取り除いたことが大きかったと思います。

 

このことから、生理不順はメンタルから起きているのだと感じました。

 

今は夜勤のない割と楽な仕事をしているのですが、毎月同じ周期で生理が来て、生理痛もありません。

 

順調に生理がきていると思っていたのですが、妊活をすることから基礎体温を測ることにし始めて、低温期が続き、高温期がなかなかないことに気がつきました。

 

三ヶ月続けて基礎体温を測ってみると、低温期が続く無排卵の月と、高温期がある正常な月が交互にやってきていることが分かりました。

 

毎月生理が来ていたので安心していましたが、どうやら無排卵月経だったようです。

 

妊娠もしたいので、婦人科に行き、ホルモンの値を調べる採血と内視鏡で卵巣をみてもらいました。

 

すると排卵期を過ぎている頃なのに、排卵しそうにない状態であることが分かりました。

 

ホルモンは女性ホルモンは正常に働いているが、排卵を起こすホルモンの値が低いと言われました。

 

排卵をしている月もあるので、一度月経を起こさせるプラノバールという薬を飲み、一旦リセットしてから、排卵誘発剤を内服することにしました。

 

もしもみなさんの中に生理不順であったり、生理が不安な時は婦人科に行くことをお勧めします。

 

さらにこのことから、下半身を冷やし過ぎないことに気をつけています。

 

(大阪府 しのさん)

 

こちらのサイトではプラノバールを通販しているサイトを紹介しています。