私の生理不順を少しずつ治した3つの方法

私は長身の割に生理が始まるのも遅く、昔からずっと生理不順でした。

 

部活が激しかったのも関係あるのかなと思っていましたが、社会人になり部活を辞めても生理不順は変わらなかったです。

 

私は生理期間が本当にマチマチで妊活中の時に基礎体温を測っている間だけでも、24?63日と開きがありました。

 

妊活が始まり2年経っても全く妊娠出来なかったので、決心して病院に行ったところ一時期「無排卵月経」になっていたみたいです。

 

そして病院に通うことで分かったのですが、私の卵子はなかなか大きくなるのに時間がかかっていたみたいで、それが生理不順の原因と言われました。

 

これは病院に行かなければ分からなかったことなのですが、私がしてい生理た不順を治す対処法も少なからず有効であるとのことを教えてもらいました。

 

いくつかあるのですが、まずは「冷え性対策」です。

 

私は夏でも手足は冷たいということもあり、私は夏でも涼しく履ける綿素材の5本指ソックスを購入しました。

 

通気性もよく靴下を履いても暑さを感じることがないのに、冷えないという優れものに出会って助かりました。

 

冬はその靴下の上からモコモコしたソックスを履いて寝たりして対策していました。

 

次に白湯を飲むということです。

 

冬場に白湯にハマってよく飲んでいました。

 

温かい飲み物で一気に飲めないのでゆっくり飲んでいましたが、それがリラックスに繋がっていました。

 

体をリラックスさせれましたし、味もないので太ることもないし、何より体がポカポカして気持ちが良かったです。

 

そして最後に運動です。

 

部活で激しい運動をしていましたが、部活を辞めた途端、便秘に悩まされるようになりました。

 

腸内環境が悪くなると体にも悪影響が出ると聞きましたが、お肌トラブルも続出して散々でした。

 

部活の時のような激しい運動ではなく、軽く汗ばむぐらいの運動を心がけていますが、そうした努力が少なからず生理不順を治してくれていたみたいで、まだ生理がズレるときもありますがある程度は整ってきました。

 

未だに生理周期は35日前後で遅いのですが、ある程度同じ時に来るようになったのでこれらの効果は少しでもあると思います。

 

(鹿児島県 あみさん)