インフルエンザ感染による口唇ヘルペスが発症しました。

私がヘルペスを患ったのは今からちょうど6年前でした。

 

いつものように会社に出社してお仕事をしているとなんだか体がダルい…おまけに熱っぽく心配になったので体温計で測ってみると…なんと38.9℃!

 

すぐに病院に行き先生からの診断結果はインフルエンザA型でした。

 

インフルエンザの特効薬のリレンザや解熱剤等を貰い一安心したのも束の間、なんだか口が痒くなってきたのです。

 

「リレンザの副作用かな?まあ気にしすぎないようにしよう」

 

とその日は病院に行かず家で大人しく寝ていました。

 

次第に熱は下がり体の調子も戻ってきたのですが、口の周りの痒みは酷くなる一方で更には口の中にも鏡で見ると白い膿のような物が沢山のあったのです。

 

流石に心配になりインフルエンザの診断を受けた病院へ行きました。

 

すると先生から告げられたのは『口唇ヘルペス』でした。

 

口唇…ヘルペス?聞いた事はあってもかかった事もないしどんな病気なんだろうと思われる方も多いと思うのでここで解説をしておきます。

 

・口唇ヘルペスとは…。

 

単純ヘルペスウイルス1型に感染して起こる病気。

 

口の周りや唇、口の中に起きると小さな水疱の様な膿が現れる。

 

以上が解説ですが、先生から説明されたのは「ヘルペスというのは多くの方が感染している可能性がありますが、免疫力が弱まっているときに症状が現れないと感染している事に気づかない方が大半なのです。」という事でした。

 

とりあえずヘルペスの塗り薬と抗生物質を貰いヘルペスは1週間程で治りましたが…ここで注意点が一つだけあるのです。

 

ヘルペスという病気は実は、完治することは難しいみたいなのです!

 

一度感染、発症しまったら今後一生をヘルペスと仲良く暮らさなければいけないらしいです。

 

体調に気をつけてさえいれば再発することはあまりないらしいですが、それでもまたなると思うと地味に嫌な病気だなぁと感じました。

 

インフルエンザでは無くても何か重い病気や体調が優れない時に僕と同じ症状に見舞われた方は、是非とも一度病院で診察を受けられることをオススメ致します。

 

(広島県 h-papaさん)